102. その日のこと

投稿者: ゆきお

春分の日の連休に前倒しされたプレイについて、それを絵里が私に語ってくれた経緯も含めてその順番に書いていくのは、複雑すぎるだろう。

先に書いたように、そこには新たな現実も絡みつくようになった。

断片は前後し、補足され、複数のチャンネルを使って積み上げられていった。
閨の語りだけではなく、リヴィングでワインを飲みながら知的で客観的な心理分析めいた会話の中でもそれは進められた。
自分の口から語りにくいものについて、絵里は、文章にしてメールで送るという手段も使った。
行動の事実関係のアウトラインの他に、私の求めに応じて、ある種の心の動きの部分、ある部分の生々しいところについて書くという方法がとられた。

ちゃんと全部話すからという約束を遂行するために、そこまでしたところに絵里のきまじめさが表われていた。
今となってはそこまでしたことが結局はよかったかどうか分からない。

以下の内容は、3回目のプレイについて、その日から翌日にかけて起きたことについて、そうした絵里の話を私が一貫したストーリーとして再構成したものである。