153. 「先に食べててね」

投稿者: ゆきお

> 今日は新人研修のあと臨時の会議をしなくてはいけないことになって、会社を出るのが7時半ごろになります。
> お腹空いたら先に食べててね。

昼過ぎもうすぐ1時というころ、G-mailと携帯に同じメールが絵里から着信した。
4月になってから不規則な残業の日々が続いている。
が、急な予定変更でもその日のうちの早めに分かる時は、絵里はこうやってメールをくれる。
できるだけ帰宅時間が分かっているほうが、私のほうも夕食の仕度と仕事の時間配分の塩梅が分かるということで、絵里もできるだけ気をつかっている。

メールにその先があった。

> 昨日約束した報告の続きのメールです。
>
> 後ろのほうから抱かれるように乳首を弄られるのがたぶん10分以上続きました。
> 乳首を強く摘まれたり、優しく愛撫されたり、爪の先でひっかかれたり、いろいろなリズムがあって、同時にキスもされ、正直言って感じました。
> 感じるのは下のほうにも伝わっていました。
> でも、お腹から下はまったく触られなくて、それで逆にもどかしい感じが高まってきました。
> あそこには縄が食い込んでいてそれが、乳首を刺激されるたびに、じんじんと敏感に感じていました。
> 私の腰の動きを見て、あそこ(露骨な言葉で言われました)が感じているかどうか訊かれ、からかわれました。
> うまく答えられないでいると、乳首の愛撫がいっそう巧妙になりました。
> あそこを触って欲しいかどうかからかうように訊かれました。
> 何度も何度もそんな言葉を言われ、乳首の愛撫が続くと、あそこをちゃんと触って欲しいという気持はどんどん高まりました。
> 縄の刺激を求めて腰を動かしていると指摘されて、そんな自分がみじめにもなりました。
> そしてとうとう「触ってください」と答えました。
> 「どこを?」と言われました。
> きみもすぐ想像できるようなやりとりが何度か続いて、露骨な言葉であそこを触って欲しい、「お願いします」と言わされました。

言葉使いは控え目だが、行われていることの報告は赤裸々で、昨夜の想像の中の絵里がさらに鮮やかに脳裏に浮んできた。
メールはさらに続いていた。

> 何回か繰り返して「…お願いします」と私が言うのを聞くと、彼はそうしてやると言い、お腹から下を別に縛っていた縄を解きました。
> ショーツの中に手を入れられ、あそこがひどく濡れていると言われました。
> 証拠の指を見せられました。
> 指でずっとあそこを愛撫されました。
> 中には入れられず、2本の指で花びらの間とクリをじらすよう触られました。
> 胸の愛撫とキスといっしょに続いていくと、だんだん頭の中がまっ白になってきました。
> いきそうになってきたところで、意外にも動きぜんぶ止まって、体が離れました。
> そして、手首を上に引き上げていた縄が緩められ下に降ろされました。
> そうするとますます立っているのが難しくなって、倒れそうになりました。
> 体を支えられ、しばらくの間しゃんと立っているように言われました。
> 手と胸の縄が全部解かれました。
> ブラとショーツ、ガーターベルト、ストッキング全部脱がされました。
> ハイヒールだけまた穿かされました。
> 全裸とハイヒールになった自分が鏡の中に見えました。
> 手を背中に回すように言われ、手のポジションをいろいろ試されたあと、手首を後ろに組まされて縛られました。
> 胸のほうも縛られまたおっぱいを飛び出すように縛られました。
> 後ろ手になって胸を張る分、さっきまでより、きつく感じられました。
> 背中の腕のほうに何重にも縄が通されました。
> 腕のほうの縄に結んだ縄を天井のフックに通して、ひき上げられると、前のめりになりながら少し足を開いて立つ感じになりました。
> 今度は目隠しされました。
> 後ろに離れた彼は鞭を持ったようでした。
> 乗馬鞭でした。先端で何度かお尻をつつかれたり、撫でられたりしました。
> いつパチンと叩かれるか必死に覚悟していると以外にそれはありませんでした。
> 彼がまたやってきて、吊り気味に縛られたその姿勢のまま、本格的にあそこを刺激されました。
> 胸も相変わらずでしたが、今度はあそこに集中していました。
> 指を入れられました。
> これが欲しかったかとかいろいろ言われ、いろいろ言わされました。
> 前のホテルで胸やあそこを同じように指で刺激されたときより、縛ると感じが違うだろうと言われ、そうだと言いました。
> 実際そうでした。
>
> …これ以上は細かいことはごめんなさい。
>
> 最終的に指2本でいかされました。
> 1回ではなく何度か、そして最後に大きく。
> その後縄を全部解いてくれて、ソファで少し休みました。
>
> この辺で許してください。
> 会社出る時メッセします。
> お腹空いたら遠慮しないでちゃんと食べててね。
> では。

私にメールをくれるときの、いつもの最後の「絵里」という署名がなかったが、なんとなくその気持は分かるような気がした。